以下の規約をお読みになり、ご理解の上、サービスをお使いいただきますようお願い申し上げます。

 

はじめに

当スクールはオンラインの英会話レッスンを提供します。

ご自身で行って頂くこと

予約時刻の5分前までにSkypeを起動および通話可能状態(オンライン状態)にすること。
直前のキャンセルの場合、先生にキャンセルを伝えること。

前提条件

Skypeを使用できる環境があること。
Skypeを使用できる環境は利用者が自身で用意すること。
Skypeをインストールすること。
通信環境がSkypeで国外と通信するにあたり問題がないことを確認すること。
利用者が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ること。
当サイトが定める決済方法により利用料金を支払うこと。

レッスンが行えなかった場合の対応

先生が様々な事情により授業が行えない場合があります。その際はポイントを返却するものとし、それ以外の保障は行いません。

サポートについて

サポートはメールで行うものとします。

料金の払戻について

支払済の料金は申し出があった際に以下の条件で払い戻しを行います。 自動的には行われません。

・以下で定めた額から、手数料として1000円およびPayPalの所定使用料(送金額の約5%)を差し引いた額を払い戻しいたします。 当スクールは上記の計算式から1000円を差し引いた額をPayPalで送金しますので、PayPalが自動的に所定の手数料(5%前後)を差し引きした結果、残りの金額が払い戻されることとなります。
・払い戻しにはPayPalへの登録が必要となります。又、お支払先は基本的に当サイトに登録されているメールアドレス宛に行わせていただきます。
・購入日を1日目と数えます。

ポイント制の場合

申し出があった日 返却額の基礎計算式
購入から30日以内 未使用ポイント × 購入時のポイント単価 × 100%
購入から31日以降 未使用ポイント × 購入時のポイント単価 × 50%

・ポイント購入時にプレゼントポイントがついていた場合、プレゼントポイントより有料分が優先して消費されるものとします。(例:60ポイント購入時に20ポイントのプレゼントポイントがついていた場合で、10ポイント使用した状態で購入から30日以内に払い戻しをすると払い戻し対象は50ポイントとなります)
・上記の表の「購入時のポイント単価」は、プレゼントのポイントを抜かしたポイント数で計算を行います。(例:60ポイント購入時に20ポイントのプレゼントポイントがついていた場合は、単価は購入金額÷60となります。購入金額が15,000円の場合は単価は250円となります。)
・予約に使用されているポイントは払い戻し対象になりませんので、予約に使用しているポイントも払い戻ししたい場合は予約キャンセル後にお申し込み下さい。

以下のポイントは払い戻し対象になりません。
・利用期限が切れているポイント
・レッスンが行えなかった際に補填が行われたポイント(無料扱い)
・プレゼントのポイント (無料扱い)
・お試しポイント(入会時に自動付与されたポイントおよび購入した「3ポイント」商品)


定額制の場合

申し出があった日 返却額の基礎計算式
購入から30日以内 残日数 × 日毎の上限レッスン数 × 購入時のレッスン単価 × 100%
購入から31日以降 残日数 × 日毎の上限レッスン数 × 購入時のレッスン単価 × 50%

・上記の表の「残日数」は、申し出があった日の翌日から数えます。
・上記の表の「購入時のレッスン単価」とは、購入金額を期間の日数と日毎の上限レッスン数で割った額です。(例:「毎日2レッスン90日間」プランを18,000円で購入した場合、単価は100円となります。)

以下の期間は払い戻し対象になりません。
・レッスンが行えなかった際に補填が行われた期間(無料扱い)
・プレゼントの期間 (無料扱い)
・お試し期間

ポイントの利用期限

ポイントが未使用のまま期限に達した場合、その未使用ポイントは利用不可となります。期限切れポイントの払戻は行いません。

定額制プランの受講保障について

休校日や予約しなかった場合および予約できなかった場合の保障はありません。

当日予約について

一部のクラス(先生、時間帯)のみ当日予約を受け付けます。

登録情報の変更

登録情報に変更があった場合は遅延なく登録情報の変更手続きをすること。

サーバ情報の利用について

サービス利用者がサーバ上で入力した情報はサービス運営のため確認・保存されます。

退会

・退会処理は会員自らが会員ページにて行って下さい。或いは事務局への連絡によっても行えます。
・返金処理は退会前あるいは退会と同時に行って下さい。退会後の返金は受付できません。

・会員が、以下のいずれかの項目に該当する場合、当スクールは当該会員に事前に何ら通知または催告することなく、退会処分、利用の一時停止または会員の資格の取り下げができるものとします。その場合、会員の申し出があれば退会30日以内に限り、退会日に返金要求があったものとして返金を行います。

  1. 会員登録申請時に虚偽の申告をした場合
  2. 入力されている情報の改ざんを行った場合
  3. パスワードを不正に使用した場合
  4. 当スクールの運営を妨害した場合
  5. 本規約のいずれかに違反した場合
  6. 当スクールの名誉を著しく毀損した場合
  7. 第三者への誹謗中傷行為を行った場合
  8. 第三者の知的財産権を侵害した場合
  9. 公序良俗に反する行為
  10. 犯罪的行為に結びつく行為またはそのおそれのある行為
  11. 法律、条令その他の法令に違反する行為
  12. その他、当スクールが会員として不適当と判断した場合

会員が前項各号のいずれかに該当することで当スクールが損害を被った場合、当スクールは会員の除名処分または利用の一時停止の有無にかかわらず、被った損害の賠償を請求できるものとします。

プライバシーポリシー

法令およびその他やむを得ない状況を除き、当サイトは利用者の断りなく第三者に個人情報を開示・提供しません。(詳しくはこちら

利用規約の変更

当サイトは利用者の了承を得ることなく利用規約を変更できるものとします。

賠償責任の制限

サービス利用者は以下の事項に起因および関連して生じた一切の損害において当サイトおよび当サイトが損害責任を負わないことに同意します。
1.当サービスを利用したこと
2.当サービスを利用できなかったこと
3.当サービス利用中の回線品質および授業の品質およびその他の品質
4.当サービスの効果
5.その他サービスに関する事項

準拠法および専属的合意管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とします。また、当サービスまたは利用規約に関連してサービス利用者とサイトの間で生じた紛争については当スクール所在地を管轄する地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

付則
本規約は2009年1月19日より実施いたします。
本規約は2009年3月14日から改定実施いたします。(「サーバ情報の利用について」項目追加)
本規約は2009年5月31日から改定実施いたします。 (「禁止行為」項目追加)
本規約は2009年6月12日から改定実施いたします。(「料金の払戻について」の変更。「ポイントの利用期限」の変更。「禁止事項」の項目削除。「当サイトで提供する機能」項目削除(自明であり、混乱をきたすため))。「準拠法および専属的合意管轄裁判所」の変更。
本規約は2010年4月24日から改定実施いたします。 (定額制に対応)
本規約は2010年8月9日から改定実施いたします。 (退会手続きについて追記)
本規約は2010年12月1日から改定実施いたします。 (退会手続きについて追記。準拠法をフィリピン法から日本法に変更)

本規約は2015年3月3日から改定実施いたします。 (サポート手法をメールのみに変更)

LoginマツエソフトIDでログイン
Quick Login:FacebookのIDでQuickログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会

© 2008-2017 Matsuesoft Corporation